モデルオーディションコラム

2019/01/23 モデルのノウハウ

モデルに向いてる人ってどんな人?

モデルって向き不向きがあるのか?

モデルに向いてる人ってどんな人?

モデルになりたくてオーディションを受けたりしているけど

もしかしたら自分は向いていないのではないか・・

そんな風に悩む人もいると思います。

モデルに向いているのはどんな人なのか?

今日はそんな悩みを持っている方の為にお話しますね。

 

・かわいく、きれいになりたいという願望がある人はモデルに向いている

モデルに挑戦するのにあたり、大切なのは、常にきれいになりたい、

かわいくなりたいという気持ちがある人です。

実際にきれいとかかわいいとかって、価値観ですから、

人によって様々ですよね。

自分はかわいいと思うモデルを、他の人もかわいいと思うわけでは

ありません。

もちろん、ほとんどの人がカワイイ!と思うモデルもいます。

でも、あまり人気はないけど、一部の人にはすごくコアなファンがいるという

モデルもいます。

どちらが正しいといことではありません。

これも個性のようなものですから。

整形を別とすれば、モデルは与えられた自分のキャラクターを生かして勝負することになります。

大事なのは、どうにもならない部分、例えば身長や、骨格的なことなどは、受け入れることです。

いくら自分がきらいでも、どうにもならないことは気にしてもしかたありません。

気にすることによって、自信のないオーラがでます。

どんよりしてきます。

そんなモデルを使いたいと思うクライアントはいないでしょう。

大事なのはきれいになろうとする欲をしっかりともって、綺麗になる為の努力をしつづけることです。

そのモデルがキレイかどうかは、人の評価。

良いという人もいれば、悪いという人もいる。

比較されることもありますが、大事なのは自分がキレイになろうという思いを持ち続けることなのです。

自分に凹む暇があったら、どうすれば綺麗になるかなーと考えて、行動すればよいのです。

すると、不思議とモデルとして輝いてきますから。

 

 

モデルオーディション

・好きなことならコツコツと努力を続けられる人はモデル向き

モデルの世界は、華やかに見えますね。

ショーモデルはカッコよくランウェイを歩いて、スポットライトを浴びて、堂々とポージングを決めていきます。

サロンモデルはオシャレな最新のヘアスタイルやメイクで、とても魅力的です。

広告モデルは、街の大きな看板になって、人々から注目を浴びます。

どれもとても華やかでキラキラしていますね。

ところが、実は裏ではそういうモデルたちも、地味な努力を誰にもみられることなくコツコツと続けています。

これはほんとうです。

一見すると持って生まれた美貌と、自信、選ばれし者と言う気がしますが、そんなことはありません。

みなさんの日常は、驚くほど地味な努力の日々なのです

例えば写真写りをよくしよう、ポージングや表情を磨こうとするとどうすると思いますか?

元々できるのでは?

そう思われるかもしれませんが、本当にそんなことはありません。

どんなモデルだって、事務所に入りたての写真と比べるとびっくりします。

最初はガチガチです。

それくらい最初はモデルとして何もできないのです。

それを克服するためには、家で一人でコツコツ練習するしかありません。

鏡を見ながら表情やポーズの練習。

実際に自撮りで撮影もしながら、角度や力の入れ加減などひたすら試します。

また、姿勢や笑顔などは、身体や顔の筋肉が大事ですから、

日常生活の中で意識し続けます。

すると少しずつ筋肉がついてきますから。

あとスタイルづくりの為に、暴飲暴食は避けなくてはいけませんし、

お肌のコンディションも大切ですから、睡眠や基礎化粧品にも気をつかうでしょう。

このような努力をコツコツを続けているからこそ、輝きを増し、良い写真も残せるのです。

一つ一つの努力は難しいものではありませんが、コツコツ続けることができるかどうか。

それができる人ってすごいということなんです。

 

 

・ポジティブな人

ネガティブな人が好きで、ネガティブな人と一緒にいたい。

そんな方はほとんどいません、ほとんどの人がポジティブな人が好きです。

明るく、元気、前向き、人の悪口や愚痴をを言わない。

いつも機嫌がいい。

こういう人の周りにはしっかりと人が集まってきます。

モデルと言う仕事は、自分の見た目や雰囲気が商品です。

そのモデルに、自社の商品を託すわけで、

キラキラ輝いていて、幸せそうな雰囲気のモデルに託したいのは

当然です。

ところが意外とポジティブな人と言うのは多くないです。

ただたんに、声が大きく、作り笑顔がうまいことはポジティブではありません。

前向きで、心から今を楽しんでいて、人に対して好意的。

そして、なんにでも一生懸命で、人が大好き。

こんな人と一緒にいたらこちらも元気になりますよね。

ポジティブなモデルは人の心をつかみます。

そして、使っていただきやすい。

ですから、日々ポジティブであろうとする努力を重ねてみてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今はモデルといっても色々なジャンルがありますから、必ず身長が何センチないと・・ということではなくなってきました。

そういう意味では多くの人にチャンスがあります。

こんな人がモデルに向いているとお話ししましたが、一番たいせつなのは、モデルをやりたいと言う情熱。

それがあれば、努力で自分自身が変わっていきます。

好きと言う気持ちが大切なんです。

悔いを残さないようにモデルの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

モデルオーディション東京・大阪・名古屋

自信がないけど自分を輝かせたい人を応援する

モデルオーディション 運営事務局 スタッフ

モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
オーディション応募はこちらオーディション応募はこちら