モデルオーディションコラム

2018/12/02 プロダクションの日常

モデルオーディションの審査員として思うこと

私は12年ほど前からモデルオーディションの審査員をしています。

 

過去立ち会ったモデルになりたい人の人数はすごい数になると思います。

 

ちゃんと数えていないのですが、

何千人、何万人になるかもしれません。

 

一昔前はモデルって、誰でも気軽にできる仕事というイメージがありませんでした。

 

どちらかというと、身長が高くて、顔が小さくて、細くて、足が長くて、目が大きくて・・

 

こんな人周りに絶対いないし・・

 

という人がやるイメージ。

 

それにとても難しくて、厳しくて、すごく努力しないといけないというものだったと思います。

 

でも、最近はそんなことはありません、読者モデルやサロンモデルと言った、

もっと気軽で身近なジャンルができました。

 

また、SNSを使って、ファッションやオシャレな日常を発信して、モデルのように活動している

人も増えました。

 

身長が低くても、モデルのようなスタイルではなくても、厳しいレッスンをクリアしなくても、

普通に近い感じが、ファンを作ったりするようになりました。

 

だから、よりたくさんの人にチャンスが広がってきたんです。

 

その分、より一人一人のキャラクターや性格、得意なことが武器になるようになりました。

 

昔にくらべると、色々な個性あるモデルさんが増えてきたと思います。

 

こんな感じの変化があったので、審査員の側も見るポイントが変わってきています。

 

審査の方法も変わってきました。

 

どちらかというと、一人一人とじっくり話して、その人の考えや価値観、

どんなことがしたいのか、また、悩みや弱みも含めて色々と知って、

じっくりと良さを引き出していこうという感じに変わってきました。

 

だから、いかにもオーディションというようないかついかんじではなく、

和やかに雑談をしながらという形式も増えてきていると思います。

 

モデルを目指す人にとってはオーディションはすごく受けやすくなってきました。

 

審査員の側としてすごくもったいないなーと思うのは、緊張しすぎることです。

 

人間ですから、緊張しない人なんていませんから、もちろんみんな

緊張します。

 

モデルオーディションの前日なんてそりゃ緊張するのが普通だと思います。

 

でも、あまりにも緊張して、自分と違うキャラになってしまうと、

審査員のほうとしても、この人本当はどんな人なのかな?

 

と分からなくなってしまいますから、これはもったいない。

できるだけリラックスして、作らずにいくと良いと思います。

 

負の部分だって弱点だって物によっては話すくらいでもいいかもしれません。

 

そのほうが人柄が伝わりますからね。

 

審査員としてポイントが高いのは、やはり挨拶や笑顔などのふるまいが

良い人です。

 

好感度といってもいいですね。

 

礼儀正しく、笑顔が素敵で明るい、そして、時間を守り連絡も丁寧、

そんな人はそれだけで随分と得をしています。

 

でも、普段そんな人しないから、中々難しいですよね・・

 

オーディション前から笑顔だけでも、少し意識して生活しとくと良いかもしれません。

 

あと、モデルオーディションは場合によってはテスト撮影があります。

 

お試しで写真を撮ってみるわけです。

 

これも緊張しすぎると良くないです。

 

この技術的にことはまた別の回で話しますね。

 

ここでも大切なのは礼儀です。

 

撮影前にはカメラマンに「○○と申します、よろしくおねがいします」

 

撮影後には「ありがとうございました」

 

これだけでも随分と印象がよくなります。

 

これは容姿も技術も関係なく簡単にできますから、是非おためしを。

 

でも本当に自分に自信なくても、自分なんて・・と思っても、

是非気軽にモデルオーデイションに挑んでほしいです。

 

ダメだったとしても、挑んだことで強くなったり、自信がついたりします。

 

オーディションでズタボロだった人が意外と後で活躍したりもあります。

 

私自身は、その人の技術や緊張している裏側にあるものを見るようにしています。

 

だから、自分で無理と決めないで、心の中に少しでも興味があるなら

是非きがるに挑戦してみてほしいなーと思います。

 

大切なのは、変わりたい、成長したいという思いがあること。

 

今の自分は嫌い・・でもいいんです。

 

それって変わりたいということですから。

 

是非色々な人に会ってみたいです。

モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
オーディション応募はこちらオーディション応募はこちら