モデルオーディションコラム

2019/12/26 プロダクションの日常

モデルオーディション印象に残る人はこんな人!

みなさんこんにちは。

モデルオーディションを受けようと思っている人

モデルを目指す全国の人を応援する

モデルオーディション運営事務局です。

 

私自身モデルオーディションの一次審査を担当させていただき、

毎日たくさんのモデル希望の皆さんと面談をさせていただいております。

毎日色々な方と顔を合わせ話を聞いていると、

過去にオーディションした方のことは忘れているのでは?と思われがちですが、

「この方いいな!!」「素敵だな!!」と、

好印象の方はオーディション後の今でも鮮明に覚えております。

実際どんな方が印象に残ったか?
実体験も含めたくさんお話していきたいと思います。

 

▼モデルオーディション とても印象に残った方ってどんな人?

1.自分から挨拶が出来る方

簡単そうに見えてなかなか難しい挨拶。

所属しているモデルさんにもよく言っているのですが、

撮影現場なので共演者の方やスタッフの方に、自分から積極的に

元気に挨拶するように伝えております。

最初の挨拶でオーディションを受ける方の印象などが決まり、合否に繋がることも多々あるので

挨拶を意識してやるのもポイントです。

緊張しやすい私がよくやっているのですが、

元気よく挨拶することで緊張をほぐすこともできるのでオススメです♬

 

2.明るい印象、清潔感がある方

モデルオーディションで最初にみられる見た目の部分。

よく就職の面接なのでも、【人の印象は3秒で決まる】と言わている位大事な見た目。

同じくモデルオーディションでも大事になります。

よく容姿が綺麗、かわいい、整っているという点だけで印象が決まるのではないか?

という質問を受けることもあります。

もちろんモデルさんにとって容姿の綺麗さなど大事ですが、

私はモデルオーディションの際【笑顔】かどうか、表情の部分をよく見るようにしています。

 

ファーストコンタクトが笑顔の方と、真顔の方の場合、

みなさんはどちらの方が好印象に感じますか?

私は断然笑顔の方のほうが魅力的感じます。

たとえ緊張していても笑顔でオーディションに臨むと好印象です!

 

また、笑顔以外でも身だしなみ(服装やメイク)、オーディションの時間を守るなど

社会人としてのルールを守ることができているのか?

という点も、人の印象に繋がるようです。

 

3.ミスや急なトラブルがあった時にきちんと謝れる

モデルオーディション時に時々あるのですが、

電車が遅延してしまいモデルオーディションの時間に間に合わない、

寝坊をしてしまってや道に迷ってしまって…などなど

大事な日に限ってトラブルに見舞われてしまうことは誰しもあるかと思います。

もし遅れてオーディション会場に向かうときでも、

しっかり謝ることができる方は、少し失敗してしまってもあまり悪い印象になることは少ないです。

オーディション会場に着いてから謝ることはもちろんですが、

事前にメールや電話などできちんと連絡するという点も人として大切です。

私がよくやってしまうことなのですが、

謝るときなど電話で話すのが苦手で、簡易的に文章で謝罪してしまうという事があります。

同じように特に若い方などは電話に対して、苦手意識が強いという方も多いかと思います。

遅刻してしまった時や、人に謝る際はメールやLINEなどではなく、

電話で直接謝るといいですよ…!!

(私自身も気を付けます…)

 

また、一番やってはいけないことなのですが、

「間に合わない!!!」と思い、

何も連絡せずに時間が過ぎるのを待つ……
というのは、かなり相手の印象を悪くしてしまうので要注意です!!

 

4.メールやLINE、電話のやり取りが丁寧

どの事務所さんも同じですが、オーディションを受けるまでに

LINEもしくはメールなどでオーディションスタッフとやりとりをすることがあるかと思います。

直接会うと丁寧だけど、メールやLINE、電話など顔を合わせないときは

雑な対応をするという方もしばしば……

 

やりとりがとても丁寧な方ですと、

質問や文章をいきなり送るのではなく、

「お疲れ様です」や「お世話になっております」など挨拶を入れてくださる方や、

敬語を使って質問等をしてくださる方もおります。

そういった方は「素敵だな!!」や「礼儀正しい方だな」と思い、

面談をする前から好印象を与えることができます。

 

5.自分の意見を簡潔にまとめ、相手に伝えられる方

モデルオーディションの際、

「なぜエントリーしたのか」や「どんなことをしたいか?」などよく聞かれる質問に対して

自分の意見をしっかり伝えられる方は良い印象に残りやすいです。

人に伝えるというのが苦手な方が多い中で、

自分の意見をしっかり伝えられる方は◎

言いたいことをまとめられず、長々と話してしまい
オーディション審査側を混乱させてしまう方もいるので気を付けてください…!

 

6.リアクションが良い方

相槌やうなずくでもいいので反応が良い方は印象に残りやすい。

何かしら反応がある方のほうが、話やすいですし、

逆に何も反応がないと「ちゃんと聞いているのか?」と審査側も不安になるので

きちんとリアクションできると良いですね。

 

▼モデルオーディション 悪い印象を与えてしまう方の特徴

1.コミュニケーションがうまくとれない方

時々あるのですが、オーディション審査側から質問をしても、
「はい」しか答えない方。

話すのが苦手なのか会話のラリーが続かず会話を切ってしまう方、

ずっと下を向いたままの方も中にはいらっしゃいます。

また、自分の話になるとノリノリで話すが、

他の人が話しているときは興味なさげな姿勢という方。

モデルオーディションで上記の方はよく見かけます。

たとえ興味がなかったとしても聞く姿勢を常にもったり、

人と話すのが苦手でも一生懸命答えようという姿勢はとても大事です。

意外と油断している時に審査されている場合もあるので気を付けてください。

 

2.見た目の印象が・・・

最初も書いたように印象がとても大事。

たまにいらっしゃるのですが、寝起きに近いスウェットで面談に来る方や、

寝癖がついた状態の髪がボサボサの状態で面談に来る方もいらっしゃいます。

身なりをきちんと整えないまま面談に来てしまうと、

清潔感や相手に不信感を与えてしまう可能性があるので身だしなみにはご注意を…

女性の場合ですと、稀にノーメイクでいらっしゃる方もいます。

もちろんすっぴんに自信がある方であればノーメイクでもいいのですが、

化粧に自信がなくても、面倒くさいな…と思った場合でも

最低限度ベースメイクなどはして、オーディションに向かうことをおすすめします。

 

3.オーディションを受ける際の態度があまり良くない

オーディションを受ける際に、ガム噛みながら面談を受ける方や、

猫背で姿勢が悪い方、遅刻した際に謝罪などなく無言で入ってくる方。

モデルさんは人前に立ち、

見てくださる方から憧れるような存在となるお仕事なので

上記の行動をかなり審査側に悪い印象を与えてしまいます。

私自身も過去にそういった方がいたな…というのは未だに覚えているので要注意です!!

 

▼モデルオーディション開始前の待ち時間も審査されてるってほんと?

オーディションでは審査員の人と上手くコミュニケーションとれて合格かも!

と思っていても、なぜかいつも不合格。

話の内容などにも問題なかったのに、何でだろう?という方もいるのではないでしょうか…?

そういった方はぜひ、オーディション開始前のご自身の行動から振り返って見てください。

オーディション前や待合室などで、

ずっと携帯をいじったり、姿勢が悪かったりしていないですか??

オーディション時のパフォーマンスは良くても、それまでの態度などで落とされることもあります。

審査員にはいい顔をするが、他の人には対応が悪いという方も中にはいらっしゃいます。

 

実際にモデルの仕事のオーディションでも、

待合室や、最寄り駅から会場までの間で審査される場合も稀にあります。

普段の人柄をみるためでもあるようですが、

モデルはいつ誰がどのタイミングでみても憧れる存在でなければいけない。

オーディション時は油断しないように気を付けてください。

 

▼モデルオーディション 強い人の特徴

★事前準備がしっかりしている

モデルオーディションでよく聞かれそうな質問は、

きちんと答えられるよう考えていたり、

オーディション会場の場所を事前に下見したり、

オーディションを受ける事務所さんについてきちんと調べる。

事前に調べたり準備するのは苦手な方もいるかと思いますが、

調べて置いて損なことはないので準備しておくとよいです。

また、アドリブがめちゃ苦手!!!という方も事前準備は必須ですね…笑

 

★自分中心ではなく、相手中心で物事を考えることが出来る

ついつい自分がモデルオーディションに受かればいいや!!という考えになってしまい、

自分の話ばかりしてしまい、相手の話をまったく聞いていないという方もいらっしゃいます。

自分中心ではなく、相手がどんなことを考えているのか?、

相手の意見をきちんと聞こうという姿勢はとても大切です。

 

★ありのままの自分を出せる

ついつい自分の過去のいいところばかり話したり、

いつもと違う自分を作ったり、演じて面談に臨むことないですか…?

自分のコンプレックスや素をみせたくない…!!!という気持ちもわかりますが、

審査する側はどんな人なのか?など

オーディションを受けてくださる方の素を知りたい。

いつもと違う自分を演じすぎてしまい、悪い印象を残してしまう方もいるので

普段の素の自分でモデルオーディションを受けると

モデルオーディション後もやりやすいです。

 

★自分のやりたいことをきちんと伝えられる

自分がモデルになってどんなことができ、何がしたいのかオーディションを受ける際は

自分の口からお話しできるのがベスト。

モデルについて詳しく知らない場合でも、ざっくりでいいので

「私はこんなことがしたいです!」と審査側に伝えてくれると

審査側もどんなことが一緒にできそうか?と考えやすくなります。

「なんとなく応募した」だけだと、じゃあ他の事務所でもいいのでは?と

思われてしまい、オーディションに合格できず…という事もあるので

この事務所さんに入って何がしたいか?は答えられると

オーディションも優位になるかと思います。

 

▼モデルオーディション よくある質問

①緊張しやすいのですがどうしたらいいですか?

モデルオーディション時に聞かれることがかなりある質問。

私自身も面接など、人前で話すのは苦手なので

緊張する気持ちはとても分かります….。

 

緊張しやすい方の特徴として、急なアドリブに弱かったりすることもあるので

事前にモデルオーディションで聞かれそうな質問について

自分の考えを答えられるようシミュレーションしておく。

モデルオーディション本番で緊張してしまっても、

「私はこのくらい事前準備したから大丈夫!」と安心することもできるので、

何事も事前の準備が大切です。

 

緊張した時ほど姿勢をただし、深呼吸をすると落ち着くとの事。

※一緒に働いているスタッフが実践しているらしいです…!

ぜひ試してみてくださいね!

 

②オーディションの服装どうしたらいいですか?

最初に書いたように服装含め見た目の印象はかなり大事。

一番いいのは普段通りで、自分らしい格好が理想。

モデルオーディションなので、スタイルを見ることもあるので

スタイルが分かりやすいよう、タイトめな服装で行くこともおすすめです。

不安な方は、万人受けしやすい白など無難な色の服で行くと確実です。

 

急に張り切りすぎてしまい、普段着ないような奇抜すぎる服や

服装に迷いすぎてパジャマ姿で向かわないよう気を付けてくださいね!!

 

③メイクはした方がいいですか?

すっぴんにかなりの自信があります!!!!という方は、メイクせずでも問題ないですが、

最低限ベースメイクやリップ、チークなどしておくと

普段から身だしなみや見た目を意識している方だな。と安心してもらえます。

 

④質問をした方がいいですか?

もし不安なことや聞きたいことがあるのなら、オーディションの際に必ず聞くようにしてください。

質問する人と質問をしない人だと、

審査側から見ても質問をする人のほうが【意欲がある】、【真剣に考えてる】と思いやすいです。

ほとんどの方は、オーディションで緊張しすぎてしまい、頭が真っ白になり

聞く質問を忘れてしまう…というパターンが多いかと思うので、

事前にピックアップしてオーディションに臨んでくださいね。

 

⑤レッスンって受けた方がいいですか?

オーディションを受けてくださる皆さんが、将来どうなりたいか?

により、オーディションの必要性も変わってきます。

将来芸能の世界で頑張りたいという思いがある方は、

レッスンなどを受けスキルを身につけておいて損はないかと思います。

レッスンを受けているという事でお仕事の幅が広がることもあります。

レッスンもポージングやウォーキング、演技など複数種類もあるので

全部受けてみるもよし、自分がやりたいことに必要なスキルのつくレッスンだけを受けるなど

自分自身にあったものを選んでください。

レッスン等はある程度費用もかかってしまうため、

「自分磨き程度でちょっとしたお仕事ができればいいかな…」という方は

レッスンに受けずとも出来る仕事もあるので問題ないかと思います。

 

⑥そもそもモデル未経験でも大丈夫なの?

もちろんモデルとしての経験がある方はかなり貴重なので、大歓迎ではありますが、

モデル未経験でオーディションを受けてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

新人モデルさんでも、比較的挑戦しやすいお仕事もあるのでご安心ください。

モデルのお仕事は不思議なもので、

撮影現場や色々な人と関われば関わるほど自信がついてきたり、

業界についても自然とわかるようになってきます。

最初の頃は現場に行くまでの間で緊張していたモデルですら、

今や一人で現場に行ったりと、自分自身をレベルアップできるのもモデルのお仕事の魅力的な部分です✨

 

⑦事務所って怖いですか…?

初めて挑戦する際、芸能に対して怖いのでは?と不安に思う方も多いかと思います。

正直私自身も、芸能マネージャーとして働くまで、

同じように思っていたことがあったのでとても気持ちがわかります…

 

うちの事務所では、スタッフや所属モデルさんとの

【コミュニケーション】を大事にしています。

ランチの時間などで、モデルさんとスタッフで今後の活動について話をする時間など

いつでも相談できる環境を作るよう心がけています!

コミュニケーションを大事にしていることもあり、

あまり怖いというイメージを持たれることはないですが、

言葉ではなかなか伝わりにくいかと思うので、

どんな事務所なのか知っていただく為にも下記ぜひチェックしてみてください…!!

https://www.youtube.com/channel/UCLCd5TSOJBSg5Mh2XTn0HSw

 

少しでも事務所のスタッフがどんな人で、雰囲気なども知っていただけると嬉しいです★

 

⑧モデルに必要なものって何ですか?

モデルとしてポージングやウォーキングなどのスキル、

スタイルや容姿など必要なものはたくさんありますが、

私は一番【コミュニケーション能力】が大事とよく言っています。

芸能のお仕事は、人との関わりがかなり重要な業界です。

 

何気ない人との繋がりから大きな仕事のチャンスをいただくこともあります。

人見知りしやすい方や人と話すのが苦手な方は、

今の内から克服できるよう頑張ってくださいね。

 

今年も残りわずかなので、やり残しなどないよう過ごしてくださいね!

新しい年を迎え、皆様にとって素敵な一年になりますように…!!

 

モデルになりたい人を応援し夢を叶える

モデルオーディション 運営事務局

藏増ちさと

 

モデルになる為の情報盛りだくさんの

youtubeチャンネルはこちら

モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
モデルになるには?
シンフォニアチャンネル
オーディション応募はこちらオーディション応募はこちら